パーソナルカラー診断

パーソナルカラーは何の色?

パーソナルカラーとは ❝個々に似合う色❞ のこと。
個々の持つボディーカラーに馴染み、調和し、生き生きと輝かせる色たちが
パーソナルカラーと言われています。

わたしたちは誰でも、持って生まれたボディーカラーを纏っていますが
その肌の色、瞳の色、髪の毛の色などは

● カロチン(黄色素)
● メラニン(茶色素)
● ヘモグロビン(動脈赤色素)
● 静脈青色素

これらの血中配分量がどのくらいあるのか?そして

● 体表の蛋白質の層がどのくらい厚いのか(それにより体内の血液色が透けて見える)

などにより決まります。

地球上の他の哺乳類も皆、ヒト同様に配分の差により色素を持ち、
配分は祖先のルーツがどこだったのか?に関係するという説があります。
面白いですね。

私たちの命とともに一緒に受け継がれてきているボディーカラー。
からだの色を遺伝子レベルで代々受け継いできているのかと思うと
何だか壮大でドラマチック。

ですから日焼けをしても、歳を重ねても、
想像も出来ないような特別な理由でもない限りパーソナルカラーが変わる事は生涯ありません。

パーソナルカラーの効果

パーソナルカラーを使ったカラーコーディネートをすると色がボディーカラーと調和して
全体の雰囲気が馴染むことで安心感を与え、好感度(印象の質)を上げる効果があります。
ひとは不慣れなものや違和感を感じるものに恐怖を感じるものなので、安心感を与えることは
仲良くなるための第一歩でもあります。
では色彩調和をした場合とそうでない場合の視覚的影響を見てみましょう。

 

【色彩調和するパーソナルカラーの場合】
肌がつややかにキメが整って見える、肌色が明るく見える、
くすみやシミなど肌トラブルが目立たない、フェイスラインがスッキリとして見える、
顔立ちに立体感が生まれる、アイラインを引いたように瞳が際立つ、
黒目がはっきりする、まつ毛が長く見える、など。

【不調和が起きるカラーの場合】
肌が乾燥して粉っぽく見える、顔色が青白くなったり黄ばみや茶ばみが出る
肌のくすみ、シミしわクマなどの肌トラブルが目立つ、立体感がなくなり平面的に見える
フェイスラインが膨張してむくんで見えたり、たるんで見える、など。

パーソナルカラーの分類

●色は、色相・明度・彩度の組み合わせでできています。

色相(色味)・・・黄色、赤、青
明度(明るさ)・・・太陽に近い明るさ色か(白寄り)、光の少ない海の底の色か(黒寄り)
彩度(鮮やかさ)・・・純度が高いか、白から灰、黒の配分は多いか少ないか

 

それをパーソナルカラーでは、まずは・・・

 

●色相をイエローベースとブルーベースに分けて

ブルーアンダートーン(全ての色に青を加える)

イエローアンダートン(全ての色に黄を加える)

 

●明度、彩度の関係で4つのシーズンに振り分けます

イエローベース×スプリング
明度が高く彩度も高い。透明感があり明るく輝くような色。
春の瑞々しい新緑、パンジーやタンポポ。朝露に反射してきらきら輝く、
若く可愛らしい色のイメージ。
明るい、陽気、鮮やか、健康的、可愛い

ブルーベース×サマー
明度は高め、彩度は高い~中程度。パウダリーで霧をまとわせたような色。
霧に囲まれた薄曇りのヨーロッパ。佇む古城のたもとに咲くローズが霧に霞むイメージ。
遠浅の水平線の向こうが蒸気で霞むイメージ。
上品、優しい、柔らか、エレガント。

イエローベース×オータム
低明度、彩度には幅がある。深みがあり鈍く、シックで円熟した大人っぽい色。
大地の実り、年月を重ねた命豊かで深い森、味わい深く贅沢なイメージ。
リッチ、渋い、円熟、大人、濃厚

ブルーベース×ウインター
高彩度低明度、低彩度高明度。純度の高い色に少し黒。純度の高い色を水で薄めるアイシーカラー。
澄み渡る空気感に冴えるポインセチア、鮮やかなクリスマスカラー、雪原の針葉樹
レモン・ミント・ラズベリーのグラニテ
華やか、雅やか、ロイヤル、重厚、シャープ